2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

年末年始のセールで安くなっていたので、勢いでアップグレードしました


VSTPluginも問題なく読み込み、UIはほとんどABILITY時代と変わりないです


Windows10や64bitという環境に最適化されてるおかげか、動作は安定しています
起動も早いですし、再生中に少し無茶な操作をしても落ちなくなりました

2.0版へ移行する時、必要ない(あまり使わなかった)VSTをいくつか削除したので




表示されるプラグインの数が少なくなり、処理のもたつきも無くなりました
フリーVSTiのPiano One以外は全てOtherに入ってました
主力の音源も音の再生まで問題なかったのでとりあえず一安心

使用感についてはこれからということで、また少しずつ記事にしたいと思います
必要以上にプラグインを入れない、これ大事ですね

2012年11月9日発売



2011年07月31日にSinger Song Writer 9 Standardを購入しただけに迷いましたが
結局購入しましたよ(^^ゞ


通常版を買うとまた35000円近く出さなくてはいけないので
25000円で買えるクロスアップグレード版を購入しました

ただし以下の対象商品を持っていないとダメみたいです

<対象製品>
・ YAMAHA|XG WORKS、SOL
・ Steinburg| Cubaseシリーズ(LE、AI除く)、Sequel
・ Cakewalk| SONARシリーズ(LE除く)、Music Creatorシリーズ
・ SONY| ACIDシリーズ
・ Ableton| Liveシリーズ
・ AVID| Pro Tools
・ IMAGE LINE SOFTWARE| FL Studio
・ MAGIX| Music Makerシリーズ
・ Propellerhead| Reason、Record
・ 各社 VOCALOIDTM2、VOCALOIDTM3製品


とりあえずデスクトップの方にはインストール完了して
今まで使用してたVSTらの起動を確認してから9は消しました

インターフェイスが多少変わっていたのでとまどいましたが
とりあえず自分が主にやっていた作業は難なく出来たので
ミキサーなんかの操作感は作業中に覚えたいと思います(´・ω・`)

アクセス解析の中に「RagingGuitars 鳴らない」というのがあったので
今回も愛用ソフトSinger Song Writer 9stを使って説明していきます

まずはSinger Song Writer内のVSTiで「Kontakt」を起動


もしKOMPLETE ELEMENTSをインストールしてある場合下2つも表示されます
今回はRagingGuitarsを開きましょう
Baidu IME_2012-9-7_23-1-16

このように様々なギター音色があります
中にはケーブルノイズや、ループ素材としても使えそうなものまで
こればかりは説明を聞くよりも、色々と音を鳴らしてみた方が良いですね
Baidu IME_2012-9-7_23-9-35

今回は個人的に好きなギター音を選択したいと思います
場所は、chords→keyswitches→T2 Master KSW E.nki
Baidu IME_2012-9-7_23-24-15

曲のギターパートがch6なので、ch6の使用音源をKontaktに設定
Baidu IME_2012-9-7_23-26-58

次にRagingGuitarsの方で適用chを6に設定
新しいビットマップ イメージ2

midiを再生してみて音量バーが反応してたら音が鳴ってます
新しいビットマップ イメージ

もし反応してるのに音が聞こえない場合
1.PCのスピーカー設定を見直す
2.SSW側の設定も見直す
3.複数のオーディオI/Fを使用している場合、音が出力される機材の設定を見直す

必ず音が鳴らないのには原因があります
設定をごちゃごちゃいじりすぎてたりするのも、あまりオススメできません

Soundit!の方でwavファイルにエフェクト処理を施して上書き保存

フリーソフトのRadioLine Freeでミックスしてwav出力

今まではこんな感じでいくつかソフトを使い
ミックスしてみなきゃ曲全体が見えてきませんでした

これではそろそろダメだと思い始めたので
今回はこれを全てSinger Song Writerでやってしまおうと思います


まずはミックスしたいパートを全てSSWに読み込ませましょう
(今回は説明のために1パートしか読み込ませません。形式はwavでもmp3でもおk
Baidu IME_2012-7-6_22-30-36

こんな感じでAUDIOパートの1に読み込んだファイルがありますね
Baidu IME_2012-7-6_22-31-23

もっとパートがある場合は2・3・4...と順に読み込ませましょう

次にミキサーを起動させましょう


矢印の先にあるアイコンをクリックすればミキサーが起動します
Baidu IME_2012-7-6_22-35-43

左から順にパート1、パート2、パート3...と対応しています

今回はあくまでもVSTの使用を目的としてますので、必要な所以外無視して下さい

Baidu IME_2012-7-6_22-37-39ミキサーの上の方に▼Insertという場所がありますね
4段あるのは、一度に1パート4つまでVSTが使用できますよという事です

Noneをクリックすると使用出来るVSTが出てきます
もし出てこない方は、SSWのVST対応フォルダにファイルをコピーして下さい

試しに定番エフェクト「リバーブ」を起動してみます
新しいビットマップ イメージ

Baidu IME_2012-7-6_22-41-28一番左にある〇のようなアイコンがON/OFFを表してます
隣にある三のようなアイコンでエフェクト量調整画面を開きます

あとは曲を再生しながらエフェクト量を調整していきましょう
Baidu IME_2012-7-6_22-42-18

ちなみに一番右にある▼Insertのエフェクト欄は曲全体にかける事が出来ます

私以外にも耳コピ(聴いた音をそのまま打ち込む方法)や
楽譜を見ながらソフトで曲を作ってる方は多いはず...

カバー曲を作っているということは、何回も原曲を聴き直しますよね?
フリーソフトだとどうしても限界があるのでWindows Media Player
で再生(操作)しながら、作曲ソフトも操作していかなければなりません

ところがSinger Song Writerのような有料の作曲ソフトだと
ソフト自体に原曲(mp3やwavファイル)を読み込ませる事が出来るので
かなり作曲効率が上がります(^^♪

SSWを使用して流れを説明しますが、他の有料DAWでも同じことは出来ます

まずはこの通りmidiファイルを読み込ませます
Baidu IME_2012-6-6_22-11-1

midiファイルを読み込んだので
まだMIDIトラック(多分16トラック分)しかないと思うので
AUDIO(mp3やwav)ファイルを入れるトラックを作成しましょう

のようなスペースで右クリックを押すと
Baidu IME_2012-6-6_23-3-32

この通りメニューが出てくるので、トラック追加⇒AUDIOを選択
新しいビットマップ イメージ (2)

追加トラック数は1で良いと思います、そして追加ボタンをクリックすると
Baidu IME_2012-6-6_23-0-17

midiのせいで17トラック分使用されているので
18トラック目にAUDIOトラックが作成されました
Baidu IME_2012-6-6_23-0-57

今度はのスペースで右クリックを押すと
Baidu IME_2012-6-6_23-3-32

このようにメニューが出てくるので、オーディオデータの入力を選択
新しいビットマップ イメージ (3)

聴きたい曲(作成中の原曲)を選択し、入力を押すと
Baidu IME_2012-6-6_23-4-35

AUDIOファイルが読み込まれ、これでソフト内で聴けるようになりました
Baidu IME_2012-6-6_23-5-39

これで再生をすると、原曲と自分で打ち込んだMIDIデータを
同時に再生することが出来ます(`・ω・´)b


~応用~
・曲のテンポがいまいち掴めないときは...
作りやすいドラムパートやボーカルパートを少し打ち込んでみて
再生位置を調整後、再生してみよう

・曲に使われてるコードがよく分かんない
ピアノの音色が一番綺麗に聴こえると思うので
原曲を聴きながら、色々とコードを当てはめてみよう

・MIDIだけ再生したいんだけど...
AUDIOファイルだけミュートに出来ます
SSWなら「M」をクリックしましょう

水晶

Author:水晶
趣味はDTMとゲーム
カントー地方で一人暮らし中

DTMは中学生の頃から始め
好きな曲をMIDI打ち込みする所から
社会人になり機材やソフトを購入し
趣味の延長線で活動しています

ポケモンはサンをメインに
アローラ図鑑完成済み
PSO2はShip:10でプレイ中
メイン/Bo サブ/Te

DAW:ABILITY 2.5 Pro
アイコン:すっとん様
ヘッダー:ちょろこ様

YouTube  ニコニコ動画

ブログ訪問ありがとうございます

更新頻度は低いですが書く時は書く
これからものんびり
続けていけたらなと思います

カバーはJ-POP・Rock中心に
日々細々とやってます
作品作りは全て1人で行ってますが
イラスト関係の協力は大歓迎です

ブロとも・相互リンク共に
いつでも歓迎してます!
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花