2018 / 02
≪ 2018 / 01 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - 2018 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

度重なるWindowsのOSアップデートのせいで、Sound it! 6が起動しなくなり
(厳密に言うと、アクティベーション回数の上限に達してしまった)
6のサポートは終了してるので、思い切って7 Basicを買っちゃいました


UIはこんな感じ、6から結構変わってます


6はもうアンインストールしてしまったので、比較出来ないのが残念ですが
基本的な操作感やウィンドウの配置などはほぼ6も7も同じです

いつも使ってるWAVESのプラグインもしっかり認識してくれました



Sound it!で出来ることや操作感などはまた別記事にしたいと思いますが
Sound it!で出来ることはDAWでも出来ます、逆に打ち込みなどは出来ません

何故DAWでも出来ることをわざわざ別のソフトでやるかというと
・PCへの負荷が少ない(動作が軽い)
・機能を絞ってる分やりたいことが明白に出来る
・DAWより圧倒的に操作感が良い
主にこの3つが本当にでかいです


録音やマスタリングもスムーズに編集できるので
フリーソフトで満足できなくなった人なんかにもオススメなソフトです

スポンサーサイト

昨日13万円(分割24回払い)でついに買ってしまいました


中にはCDではなく、厚さ1cm 手の平サイズのハードディスクが1台


中にはWin用とMac用のインストーラーがあり、Win7なのでWin用でインスト開始







自分のデスクトップでインストール時間約4時間でした

インスト終了後、まずはService Centerを起動しアクティベーション(認証作業)
名刺サイズの紙にシリアルが書いてあるので、それを入力する「だけ」で終わります


あとはアップデートのDL→更新作業


ひたすらデスクトップにDL→インストールを繰り返すだけですが
数が数なだけに、そこそこ時間が掛かります


ついにDAWで起動...!といきたかったんですが、何やら英語でエラーが...
エラーのキャプチャが無いので画像で説明ができないですが
簡単に言うと「Kontakt 5のバージョンが古くてライブラリが読み込めない」とのこと

対処法としては、DAWのVSTプラグインを保存するところにある古いファイルを削除
最新のVSTファイルを同じ場所にコピーする→DAWで起動してみる
これでDAW側がKontakt 5を認識し、ライブラリが起動できれば解決です


大体こういうソフト音源は、ファイルを適切なフォルダに入れないと使えません
DAWによって多少フォルダ構造が異なるので、よく調べておきましょう


まず大前提なのが
VOCALOID2 初音ミク、KAITO V3、初音ミクV3、初音ミクV3 バンドル
のどれか一つのユーザーであること

・クリプトンのアカウントにログインし、上記商品のライセンス登録をしておくこと
新しいビットマップ イメージ (6)


CUBASE LE 7ダウンロードまで

ライセンスを登録したアカウントで、CUBASE LE 7の購入手続きをする
Cubase クリプトン

「購入」と言っても無償(0円)なのでお金を請求されることはありません
このような購入手続き完了メールが来たらOKです


立て続けに案内メールが届くので、Steinbergのサイトへ行きましょう
Cubase ko-do

※Steinbergのサイトでも自分のアカウントが必要です
 アカウントが無い方はまずアカウントを作りましょう
新しいビットマップ イメージ (6)1

そしてCubase LE 7ダウンロードページへ飛んだら
ダウンロードアクセスコード入力欄で、メールに書いてあったコードを入力します

Win版とMac版があるのでお使いのOSに合わせてダウンロードして下さい
(容量は約2GB

ダウンロードが完了したらインストーラーに沿ってインストールします

インストールが終わる頃にはSteinbergからこのようなメールが来てると思います
Cubase LE

ここに書かれているアクティベーションコードを使えば
「試用期間(30日)」を解除し、ずっと使えるようになります

ちなみにMIDIを読み込ませてみたDAW画面がこちら
新しいビットマップ イメージ (5)

自分はSinger Song Writer 10st使いなので、結局使わないかもしれません...w

今回もざっくりとした記事になりました

ダウンロードは2014年2月まで出来ます
Cubaseに興味がある方は触れてみてはどうでしょうか

オーディオI/F入門には使いやすさ、サイズ、値段、とどれをとってもオススメ


表面


裏面


大体大型量販店だと8000円前後ではないでしょうか

ギター/マイク入力も可能なシンプル設計の
2 IN/2 OUT USBオーディオ・インターフェース

コンパクトかつシンプルなUSBオーディオ・インターフェース

USB接続でパソコンと簡単に接続でき、USBバス・パワー仕様なので電源確保も不要

DAWソフトの出力デバイスとしてはもちろん
接続しやすいミニ・ステレオ・タイプのインプット端子を装備しているので
携帯音楽プレイヤーやタブレットPCによる音楽アプリケーションからの
サウンド取り込みに威力を発揮する

ギターやベースを直接接続できるHi-Z対応入力も装備
マイク入力にも対応しているので、ノートパソコンと組み合わせれば
モバイルなレコーディング環境も簡単に構築出来る

24bit/48kHz、2 IN/2 OUT
USBオーディオ・インターフェース

対応サンプリング・レート/ビット数はCDクオリティを超える24bit/48kHz
高音質による再生と録音が行える

WindowsのASIO 2.0/WDM、MACのCore Audioにそれぞれ対応
プラットフォームを選ばず様々な環境で低テイテンシーのオーディオ入力と再生が可能

インプットとアウトプットにはそれぞれスライダー・ボリュームを搭載
すばやくボリューム設定を行うことが可能

ピーク・インジケーターも内蔵しているので、入力レベルの確認に役立つ

様々なシチュエーションに対応する入出力端子
汎用性に優れたインプット/アウトプット端子を装備

様々なシチュエーションに対応できる入出力が可能

インプットはステレオ・ミニ・ジャックのLINE INとMIC/GUITAR端子の2系統を装備

LINE INは携帯音楽プレイヤーやノートPCといった
ステレオ出力の音源からの入力に便利

標準フォーンのMIC/GUITAR端子はマイク入力やギター/ベースの録音が可能
マイクやギターなどを直接接続してDAWソフトウェアにレコーディングすることも

アウトプットはステレオ標準タイプとステレオ・ミニ・タイプのヘッドホン端子を装備

ステレオ・ミニタイプは、ライン・アウト端子としても使用出来るので
モニター・スピーカーやミキサー等への接続とヘッドフォン接続を独立して行うことも

ダイレクト・モニタリング機能
ダイレクト・モニタリングに対応

スイッチひとつで切り替えることができ
レコーディング時に問題となるレイテンシーを気にすることなく
入力した音をリアルタイムにモニターできるので、レコーディング時に威力を発揮

DAWソフト SONAR X1 LE同梱
SONAR X1 LEは、レコーディング&ミキシングはもちろん楽曲制作にも大活躍
プラグイン・シンセサイザーの音色を活用した本格的な音楽制作が可能


よく言われるDUO-CAPTUREのノイズ問題
Googleで「DUO-CAPTURE」と検索をかけると「ノイズ」という言葉が候補に出る

DUO-CAPTUREをすぐ疑わずに、まずは周りの環境から見なおして欲しい

出力側の音にノイズが乗っていないか
もちろんDUO-CAPTUREはノイズまで録音してしまいますからノイズが乗るのも当然

INPUTのレベルを上げすぎていないか


画像のようにMaxはさすがに上げすぎですので、せいぜい中央にしときましょう
(OUTPUTも中央付近に持ってくることをオススメします

周りにノイズの原因となるものはないか
結構色々とノイズの原因となるものはあるので
なるべく周りはすっきりさせておいた方が良いでしょう

エアコンやテレビもノイズの原因みたいですね

INPUTGAINは「LO」にすること


スイッチが上がってる場合は「HI」で押すと「LO」になります

私も「HI」の状態でかなりノイズが乗り変だと思い「LO」にしたところ
かなりノイズが抑えられ、無音状態だと録音ソフトのバーも反応しなくなりました

使用する配線にも気を配ろう
まず端子の色が銀色の物は金色の物に買い換えましょう

端子が汚れていたり、古いものを使用してたりするとノイズが若干乗ります

必要以上に線が長かったりするのもあまりよくありません


私はSC-88ProとMU2000EXの音をステレオミニで録音していますが
問題なく録音できてます

音楽鑑賞用としても大いに役立ってます

“喉から手が出るほど欲しい”とはまさにこれのこと


値段は市場予想価格170,000円、出来たら分割で買いたい...(ノ∀`)

─スペック─
・最大発音数
128音(音源負荷に依存して変化)
・パート数
16
・トーン
SuperNATURALアコースティック、SuperNATURALシンセ
SuperNATURALドラムキットPCMシンセ、PCMドラムキット
※GM2音色を含む
・拡張用仮想スロット
スロット数=4
※下記のタイトル(本体メモリーに内蔵)からロードして使用します。
 SRXシリーズ(全12タイトル)
 拡張用SuperNATURAL音色(6タイトル)
 拡張用高品位PCM音色(1タイトル)
※SRXシリーズ、拡張用SuperNATURAL音色は
 1タイトルにつき1つの仮想スロットを使用します。
※拡張用高品位PCM音色は、1タイトルで4つすべての仮想スロットを使用します。
・エフェクト
マルチエフェクト=16系統、67種類、パートEQ=16系統
ドラム・パート用 COMP+EQ=6系統、モーショナル・サラウンド、コーラス=3種類
リバーブ=6種類、マスターEQ
・ディスプレイ
256×80ドット(バックライト付きグラフィックLCD)
・接続端子
PHONES端子(ステレオ標準タイプ)
INPUT端子(L、R)(標準タイプ、フロント側)
INPUT端子(L、R)(標準タイプ、リア側)
OUTPUT A(MIX)端子(L、R)(XLRタイプ)
OUTPUT A(MIX)端子(L/MONO、R)(TRS標準タイプ)
OUTPUT B端子(L、R)(標準タイプ)
OUTPUT C端子(L、R)(標準タイプ)
OUTPUT D端子(L、R)(標準タイプ)
DIGITAL AUDIO OUT(COAXIAL)端子
MIDI端子(IN、OUT、THRU)
USB COMPUTER端子(オーディオ/MIDI対応)
USBメモリー端子
AC IN端子
・サイズ
幅 (W)
481 mm
奥行き (D)
262 mm
高さ (H)
89 mm
質量
3.9 kg
・電源
AC100V(50/60Hz)

~プロからも評価を得ているSuperNATURALサウンド~
SuperNATURALの魅力は、楽器の持つ表現力を忠実に再現できること
単純にリアルなサウンドだけにとどまらず、楽器特有の演奏表現も備えている

例えばバイオリン音色の場合、レガートに弾く/打ち込めば滑らかに繋がる
弦楽器らなではのニュアンスを再現することができる
さらにスタッカート、ピッチカート、トレモロといった演奏方法も
音色変更なしで再現することが可能

打ち込みでは再現の難しいギターも「Strum Mode」を使うことで
アップ/ダウン・ピッキングによるニュアンスの違い
ピッキングの速さを調節することでリアルな演奏を再現できる

さらにV-Drums直系のSuperNATURAL Drumsはスネアやシンバルの発音時に
モジュレーションを入力することで自然なロールを表現出来たり
アンビエンス・パラメーターによって空気感の調整も可能です

水晶

Author:水晶
趣味はDTMとゲーム
カントー地方で一人暮らし

DTMは中学の頃から始め
社会人になり機材やソフトを購入し
趣味の延長線で活動しています

ポケモンはサンをメインに
アローラ図鑑完成済み
PSO2はShip:10でプレイ中
メイン/Bo サブ/Te

DAW:ABILITY 2.5 Pro
アイコン:すっとん様
ヘッダー:ちょろこ様

YouTube  ニコニコ動画

ブログ訪問ありがとうございます

更新頻度は低いですが書く時は書く
これからものんびり
続けていけたらなと思います

カバーはJ-POP・Rock中心に
日々細々とやってます
作品作りは全て1人で行ってますが
イラスト関係の協力は大歓迎です

ブロとも・相互リンク共に
いつでも歓迎してます!
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。