2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

今回もSinger Song Writer 9 Standardで説明します(m´・ω・`)m

SSW9st起動⇒ウインドウ(W)⇒ウインドウの起動(E)⇒VSTインストゥルメント(T)の順で進めていきます

vsti 選択

そして 「No Instrument」 をクリック

今回は「Kontakt 4」を選択します

Baidu IME_2012-2-9_21-39-45

次に 「ED □」 とある所の□をクリック

するとこのような画面が出てきます



試しにドラム音源を立ち上げてみましょう(^^♪

Baidu IME_2012-2-10_7-15-22

↑のような場所の「Instruments」をクリック

Baidu IME_2012-2-10_7-15-59

すると「Abbey Road - Early 60s Kid Vintage」
と言う、多分60年代のドラムを再現したであろう音色を選択できます

ダブルクリックしてみると...



無事立ち上げる事が出来ました(*´∀`*)

下のキーボードをクリックするとバスドラやスネアの音色を聴くことが出来ます

全体の画面はこんな感じです



自分が使ってみた感想ですが、とても使いやすい音色だなと思いました

前に紹介した「SI Drum Kid」と比べ、種類が1種類しかないので
少し残念ではあります...しかし!ピアノやギター等
他の音色も収録されているので、凹む必要はありません

まぁそれはまた次回に紹介しますw

以上、水晶でした(*´∀`)ノ

この記事へコメントする















水晶

Author:水晶
趣味はDTMとゲーム
カントー地方で一人暮らし中

DTMは中学生の頃から始め
好きな曲をMIDI打ち込みする所から
社会人になり機材やソフトを購入し
趣味の延長線で活動しています

ポケモンはサンをメインに
アローラ図鑑完成済み
PSO2はShip:10でプレイ中
メイン/Bo サブ/Te

DAW:ABILITY 2.5 Pro
アイコン:すっとん様
ヘッダー:ちょろこ様

YouTube  ニコニコ動画

ブログ訪問ありがとうございます

更新頻度は低いですが書く時は書く
これからものんびり
続けていけたらなと思います

カバーはJ-POP・Rock中心に
日々細々とやってます
作品作りは全て1人で行ってますが
イラスト関係の協力は大歓迎です

ブロとも・相互リンク共に
いつでも歓迎してます!
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花