2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

音楽を可視化することが出来る、Roland製音楽編集ソフト


ステレオ・ミックスとして完成された楽曲を
周波数、定位、音量の3つのパラメーターで解析し
楽曲を構成する楽器音をリアルタイムに表示することが出来る

さらに解析した楽器音に対し個別に定位や音量バランスを変えたり
消す、残す、エフェクトをかけるといったリミキシング作業も可能

メイン画面がこちら


中央のサーモグラフィのような所で、曲を再生しながらリアルタイムで可視化出来ます
R-MIX 2

赤いほど音が強い事を表しています
ボーカルは基本センターから聴こえるので、やはり凄く赤いのが分かりますね

左にあるINSIDEバーを下げることで赤い円(四角)内の音量を下げることが出来ます
上手くボーカルの音量だけ下げれば、自分でoffvocal音源も作れます
Baidu IME_2012-9-25_21-52-55

ただ綺麗にボーカルだけは消えません、ボーカルと同じような周波数の音も削れますし
もう少し円を大きくすればボーカルを消すことが出来ますが
比例して元の音源も削った分だけ劣化していくので、さじ加減が重要です

こちらは右にあるOUTSIDEバーを下げる事で、円内の音だけを聴くことが出来ます
Baidu IME_2012-9-25_21-52-19

この状態だとボーカルとその付近の音だけ聴くことが出来ます
ボーカルとコーラスパートの耳コピする際に役に立ちます

他にもこんな感じに特定のパートだけ聴いたりすることも
Baidu IME_2012-9-25_21-53-56

低音だけ再生するだけでベースパートを上手く聴き取る事も出来ます
ただ低すぎてもモコモコした音しか聞こえないので、再生しながら調節しましょう

R-MIXではエフェクトもかけることが出来ます
新しいビットマップ イメージ (2)

数種類のコンプレッサー、ディレイ、リバーブが入っており
エフェクトをかけた状態でwav出力することも可能です

ノイズキャンセルも出来るので、録音した音源の加工にも使えそうです
新しいビットマップ イメージ


このソフトは入力・出力共にwavファイルに対応しています
もしmp3ファイルを編集したい場合は、午後のこ~だなどで変換しましょう

ボーカルをカットした状態などでもwavファイルへの出力は可能です

この記事へコメントする















水晶

Author:水晶
趣味はDTMとゲーム
カントー地方で一人暮らし中

DTMは中学生の頃から始め
好きな曲をMIDI打ち込みする所から
社会人になり機材やソフトを購入し
趣味の延長線で活動しています

ポケモンはサンをメインに
アローラ図鑑完成済み
PSO2はShip:10でプレイ中
メイン/Bo サブ/Te

DAW:ABILITY 2.0 Pro
アイコン:すっとん様
ヘッダー:ちょろこ様

YouTube  ニコニコ動画

ブログ訪問ありがとうございます

更新頻度は低いですが書く時は書く
これからものんびり
続けていけたらなと思います

カバーはJ-POP・Rock中心に
日々細々とやってます
作品作りは全て1人で行ってますが
イラスト関係の協力は大歓迎です

ブロとも・相互リンク共に
いつでも歓迎してます!
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花