2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは、深夜2時でも絶好調です

今回は「しょぼい音しか鳴らないWindowsの初期音源じゃやだ!」って人の為に
自分も昔挫折したサウンドフォント というものを導入してみたいと思います

...と言っても高機能なDAWや優秀なフリーソフトが普通に手に入るこの時代
今更感満載ですが、自分へのメモ程度にこの記事を残しておきます

まず必要なソフトがCoolSoft VirtualMIDISynth

DLはこちら↓
http://coolsoft.altervista.org/en/virtualmidisynth#download

このソフトは簡単に言うと、サウンドフォントファイルを管理するためのソフトです

上記のソフトだけじゃ音は鳴らないので、音の核となるファイルをDLしましょう
ちなみに音の核となるファイル、それがサウンドフォント(SoundFont)です

調べてみるとこのサウンドフォント、色々な種類があるようですが
特にオススメなのがSGM-V2.01というもの

DLはこちら↓
http://www.mediafire.com/download/zo8l3dgf2989266/SGM-V2.01.7z

容量も解凍時200MB以上となかなかあります
2つのファイルをDL出来たら、管理しやすい所にでも置いといてください

そしたらまずCoolSoft VirtualMIDISynthをインストールしましょう
このソフトは日本語に対応している所がありがたいです

                ↓

起動したら+をクリックして
DLしたSGM-V2.01.sf2というファイルを読み込ませましょう


                ↓

他にもsf2ファイルがあったら読み込ませておくといいかもしれません
今回使うのはSGM-V2.01なので、必ずチェックを入れといてください


                ↓

今度は試しにDominoで鳴らすための設定
ファイル→環境設定からこの画面を開き、MIDI OUTデバイスをCoolSoft~に設定


設定が終わったら試しにMIDIを鳴らしてみましょう
特にギター・ベース・ドラムなんかは違いがよく分かると思います

この時、音の遅延が酷いようならバッファサイズを小さくすると改善します


正直100でも少し気になるので、お使いのPCと相談しながら調整してください

無事MSGSと違った音を扱えるようになったら初期音源卒業です
DAWでも同じように使えるので、MIDIスケッチ程度には活躍できると思います

この記事へコメントする















水晶

Author:水晶
趣味はDTMとゲーム
カントー地方で一人暮らし中

DTMは中学生の頃から始め
好きな曲をMIDI打ち込みする所から
社会人になり機材やソフトを購入し
趣味の延長線で活動しています

ポケモンはサンをメインに
アローラ図鑑完成済み
PSO2はShip:10でプレイ中
メイン/Bo サブ/Te

DAW:ABILITY 2.0 Pro
アイコン:すっとん様
ヘッダー:ちょろこ様

YouTube  ニコニコ動画

ブログ訪問ありがとうございます

更新頻度は低いですが書く時は書く
これからものんびり
続けていけたらなと思います

カバーはJ-POP・Rock中心に
日々細々とやってます
作品作りは全て1人で行ってますが
イラスト関係の協力は大歓迎です

ブロとも・相互リンク共に
いつでも歓迎してます!
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。